Home < This Page

Web・ホームページ制作の技術が進み、他と違う「動き」のあるサイト作りが求められています。
そのため、何らかのFlashを使ったサイトが増えています。しかし、FlashのActionScriptを都度編集するのは大変です。また、複雑なFlashを制作するときに、複数のデザイナーで分割作業を行うにもActionScriptを直接書き込んでいたのでは、修正も大変になります。
そこで、ActionScriptを外部ファイル(asファイル)に記述するようにすると、その作業が楽になります。。

FlashのActionScriptを外部(as)ファイルに記述する方法

  • スポンサードリンク

 

asファイルとは・・・

FlashのActionScriptを外部ファイル(asファイル)に記述することで、ActionScriptの編集が楽にでき、また、複数人で分割作業をするのに便利です。
JavaScriptを有効にされるとFlashが表示されます。

Flashのの制作をすすめていく上で凝った表現をしようとすると、ActionScriptの記述は、避けて通れません。
ActionScriptの記述は、flaファイルに直接書き込むのが普通です。
しかし、コンパイル(パブリッシュ)したswfファイルの動きを微調整したい場合に、flaファイルを開き、修正するのが面倒という場合があります。また、大きなFlashの制作では、複数のデザイナーによる連携もありますが、その際に、ActionScriptの記述を別にしたい場合もあります。

そういうことが予測される場合には、ActionScriptを外部ファイルに記述し、そのファイルを読み込むようにすることができます。
その外部ファイルがasファイルというものです。

 

作成手順・・・asファイルの作り方

1)アクションパネルにActionScriptを読み込むinclude文を記述します。
アクションパネルに#includeと記述し、次に読み込むasファイル名"××.as"を記述します。
  ※ファイル名には、絶対パス、相対パスを含むことができます。

記述例
#include "ssp,as" //同じディレクトリにある"ssp,as"を読み込む
#include "../ssp,as" //親ディレクトリにある"ssp,as"を読み込む
#include "as/ssp,as" //サブディレクトリasにある"ssp,as"を読み込む

2)asファイルにActionScriptを記述します。
テキストエディター(メモ帳など)で新規テキストを作成し、ActionScriptを記述・保存後、ファイル名の拡張子をasに変更する。

では、上部のフラッシュ(タイピング・テキスト)を例にした作り方を説明します。

 

作成手順1・・・Flashにテキスト枠を作成する

1)テキストを表示するレイヤーを指定し、フレーム1にテキスト枠を作成します。

2)テキストツールで任意の場所にテキスト枠を作成します(テキスト枠内に表示される)

3)そのテキスト枠のプロパティに以下設定します。

   ・ダイナミックテキストにする。(インスタンス名は変更なし)
   ・書体・フォント・カラーは任意。(背景のカラーに注意)
   ・行タイプを決定。(複数行の場合はテキスト枠の大きさに注意)
   ・変数を記入。(適当で良いが、外部読み込みtextとの整合)例:text
   ・フォーマットはテキスト枠内での余白位置などを指定できる(デフォルテでOK)

4)フレーム2、フレーム3、フレーム4にテキスト枠を作成したフレーム1をコピーし貼り付けます。

5)フレーム2をクリックし、プロパティのフレーム欄にLoopと記述。

6)フレーム4をクリックし、プロパティのフレーム欄にEndと記述。

 

作成手順2・・・ActionScriptの記述

1)ActionScriptを記述するレイヤーを挿入します。

2)そのレイヤーのフレーム1にActionScriptを記述します。

アクションパネルに#includeと記述し、次に読み込むasファイル名を記述します。
asファイル名は必ず" "で囲ってください。

記述例
#include "as/type1_sample.as"

3)フレーム2にActionScriptを記述します。

アクションパネルに#includeと記述し、次に読み込むasファイル名を記述します。

記述例
#include "as/type2_sample.as"

4)フレーム3にActionScriptを記述します。

アクションパネルに#includeと記述し、次に読み込むasファイル名を記述します。

記述例
#include "as/type3_sample.as"

5)フレーム2とフレーム3の間隔を4フレームほど空ける。(レイヤー1,2とも)
  空フレーム数で表示スピードが変わります。

6)フレーム3とフレーム4の間隔を10フレームほど空ける。(レイヤー1,2とも)

7)フレーム4(End)の後ろに空フレームを30フレームほど作る。
  空フレーム数で表示静止タイムが変わります。

 

作成手順3・・・asファイルの作成

テキストエディター(メモ帳など)で新規作成します。

1)type1_sample.asの作成

str="";   //""中に表示したいテキストを入力します。
index=1;
text="";   //textは変数名です。作成手順1の変数名と同じにします(" "の中には何も記述しない)。

上記3行を記述し保存します。ファイル名をtype1_sample.asに変更します。

2)type2_sample.asの作成

text=str.slice・・・・;  //textは変数名です。作成手順1の変数名と同じにします。
index+=1
text=str.slice(0,index)+ "_";  //" "の中の_は、文字表示前のカーソルマークです(変更可)

上記3行を記述し保存します。ファイル名をtype2_sample.asに変更します。

3)type3_sample.asの作成

if(index==str.length-1){
index+=1;
text=str.slice(0,index);
gotoAndPlay("End");
}
else{
gotoAndPlay("Loop");
}

上記8行を記述し保存します。ファイル名をtype3_sample.asに変更します。

4)上記3つのasファイルをasフォルダの中に置き、パブリッシュするとテキストがタイピングのように表示されます。

   スポンサードリンク

フリー(無料)のFlashサンプル素材

◆サンプル素材 01

BGMに合わせて文字が出るフラッシュ(Flash)の動画ムービーです。
文字は全て外部テキストなので、外部テキストの内容を変更するだけで済みます。

◆サンプル素材 02

フラッシュ(Flash)に外部画像をXMLを介して読み込みます。メニュー名は外部テキストです。
ダウンロードされるとXMLファイルも入っています。XMLの作成の参考にしてください。

◆サンプル素材 03

ストリーミング再生のフラッシュ(Flash)Mp3Player。外部Mp3ファイルとメニュー名を読み込みます。
デザインは iPod 風。ストリーミング再生なので、Webにアップされる場合は、サーバーの機能を確認してください。

◆サンプル素材 04

フラッシュ(Flash)でパスワード画面を設定し、フラッシュ(Flash)内でのログインです。
このサイトのDownloadページのようなログイン画面が作れます。
ActionScriptなので、Flash解析ソフトを使わない限り、簡単にパスワードが盗まれることは、ありません。

◆サンプル素材 05

フラッシュ(Flash)でテキストをタイピングしているかのように表示します。
文字をマスキングしてスライドするのではなく、一文字づつ表示します。
外部asファイルに記述していますので修正も簡単です。

  
 

ちょっとFlashのHow To

◆How to 01 (外部テキスト)

フラッシュ(Flash)に外部テキストを読み込ませる設定の作り方です。
変更が多いテキスト部分は外部ファイルを読み込むようにしておくと、修正が簡単に済みます。
その作り方を説明します。

◆How To 02 (外部HTML)

フラッシュ(Flash)に外部HTMLを読み込ませる設定の作り方です。
Flashの中のテキスト部分に、リンクやカラーなどが自由に設定できる外部HTMLファイルの作り方です。
外部ファイルなので、修正も簡単です。

◆How To 03 (SWF Object)

HTMLにフラッシュ(Flash)のswfファイルを埋め込む際にSWFObjectを使うという方法があります。
このSWFObjectを使うと最近のIEのアップデートによる、「クリックしないといけません」現象も回避できます。
更に、代替画像のalt属性を利用することで、SEOに不利といわれるFLASHの問題にも対応できます。

◆How To 04 (外部asファイル)

フラッシュ(Flash)に外部asファイルを読み込ませる設定の作り方です。
Action Scriptを外部ファイル(asファイル)に記述し、読み込ませます。
外部ファイルなので、修正も簡単です。

 

Flash(フラッシュ)を解析するソフト

Flash(動画ムービー)の解析ソフト

◆FlashのSWFファイルを解析し、Scriptを編集できるソフト

当サイトのダウンロード・ページにあるパスワード入力画面は、サーバー不要のFlash Action Scriptで作っています。そのため、JavaScriptで作ったパスワード入力と違って、簡単に、パスワード不要にすることができません。
ただし、Flash解析ソフトを使うと、ActionScriptの中身(パスワード)を見ることができます。
そのためなのか、Flash解析ソフトとして、どのような商品があり、何ができるのか知りたいという問い合わせが多く、Flash(フラッシュ)の制作者としては、余り薦めたくはありませんが、Flashを簡単に作成したい・勉強したい方のために紹介します。

>>>>> 解析ソフトの詳細ページは、こちら

Flash解析ソフトの詳細

なお、ブラウザからFlash(SWFファイル)を取り込むフリーのソフトは、海外ソフトですがFlash Saving Pluginがあります。

  
 

ブックマークに登録

 

下記のブックマークから登録できます。

※ 登録情報 [ 入力例 ]
(サイト名):ホームページに使えるフラッシュ Flash(動画ムービー)の無料フリー素材
URL: http://www.e-ssp.net/
タグ:フラッシュ Flash 動画 ムービー 無料 フリー 素材 サンプル ダウンロード
メモ:ホームページに使えるフラッシュFlash(動画ムービー)の無料フリー素材がダウンロードできます。
フラッシュFlashの素材サンプルは、外部ファイル読み込みです。
フラッシュFlashの外部ファイルの作り方ページ。

  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
  Google Bookmarks に登録 Google Bookmarks に登録
  はてなブックマークに登録 はてなブックマークに登録
  ライブドアクリップに登録 ライブドアクリップに登録
  del.icio.us に登録 del.icio.us に登録
 

Flash(フラッシュ)に最適な「おすすめ」

▼レンタルサーバー選び

フラッシュFlashなどの動画ムービーのストリーミングに最適なレンタルサーバーを使ってみませんか。

Heteml(ヘテムル)
Flash Media Server 2 や Macromedia ColdFusionを標準装備し、容量3GBのサーバー環境を月額1,500円とリーズナブルな価格で提供して、あなたの表現活動をサポートしてくれます。

▼ドスパラ Prime

最新最速のGeForce8800シリーズ搭載!ヘビーユーザーも満足のハイスペックマシン。
デュアルコアプロセッサ「IntelR Core邃「2 Duo」IntelRP35 Express チップセットを搭載。
ハイスペックなのに低価格。特にノートPCは必見。3年保証がうれしいですね。
カスタマイズ可能。ドスブイ・パラダイス

▼Adobeのmacromedia製品販売

Adobe社のオンライン販売ストアです。無料ユーザー登録されると、特別価格で購入できます。

▼MacとAdobe Creative Suite 3 は最強の組合せ。Apple Storeにて受付中。
新しい Intel製CPU搭載のMacとAdobe Creative Suite 3は最強の組み合わせです。
あなたのクリエィティビティをさらなる高みに引き上げます。

▼Microsoft製品の販売

マイクロソフト社オープンライセンスの販売です。パッケージ製品よりも低価格で、管理も簡単です。
複数の場合は更に割引価格でソフトウェアを購入できます。

Page Top