マーケティングの技法 店舗陳列棚レイアウト

マーケティングの技法 店舗陳列棚レイアウト1 マーケティングの技法 店舗陳列棚レイアウト2 マーケティングの技法 店舗陳列棚レイアウト3 マーケティングの技法 店舗陳列棚レイアウト4
無料で使えるフラッシュ Flash(動画)の素材です。ご自由にお使いください。
TopにフラッシュFlashを使ったページです。フラッシュFlashの効果をご覧ください。
マーケティングの手法のページです。店舗・チラシ・ネットでのテクニックを紹介します。
私の趣味のページです。OriginalSongを是非聞いてみて下さい。
中国女優チャン・ツィイーの画像や動画(CM)ギャラリーをFlashで作っています。
19世紀を代表する英国詩人バイロンのページ。恋愛抒情詩を多数残し、娘は、エイダ・バイロン。
外部ファイル読み込みのフラッシュFlashの動画素材サンプルが無料(フリー)でダウンロードできます。
マーケティングの技法 店舗陳列棚レイアウト7

マーケティングの技法 店舗陳列棚レイアウト

 スポンサードリンク

店内での、視線の心理は?

マーケティングの技法 店舗陳列棚レイアウト4

 心理学にいう「位置と心の関係」について簡単な要約を紹介します。
 特に店舗のレイアウトを考える上で重要なマーケティングの手法になっています。

  まづ、目の位置から
   上方の領域 : 成長を求める心(目の位置より上方の違和感には、圧迫感を感じます。)
   下方の領域 : 安心を求める心(足元のモノ・・色や物体・・の違和感は不安に感じます。)

棚の前で見る心理は?

 上記の図を見てください。前方の視線について
Aの領域 : 希望と思索を中心にした心(明るく、爽やかなイメージが重要であり、空間が必要です。)
Bの領域 : 思索、権威性、清潔感(スローガン、キャンペーン案内などのPOP設置に最適です。)
Cの領域 : 自己主張と情愛(モノが最もよく確認できる位置でゴールデンラインと呼ばれており、売れるモノを設置するのに最適です。)
Dの領域 : 慣習の心(使い慣れたモノ、確かな目的のモノといった定番品を配置します。) 
  これが、目線における心理学からのレイアウトです。

 どうですか?心理学を利用したマーケティングの手法。ほんの一部分を紹介しましたが、これは、大型ショッピングセンターでもコンビニでも同じです。特に、コンビニの場合、どうしてもスペース的に狭いため、窓を大きくすることでスペースの拡大感、棚の高さを低くすることで上方の圧迫感をなくし、店内を明るくすることで、爽やかさを創り出すというマーケティングを展開しています。
 この手法、一般商店でも使えるのですが、常時接客できるというメリットに、顧客の心理学をプラスしたマーケティングに、ドラッグ店舗があります。


 >>> 自己の所有領域

位置と心の関係 1何気なく見る店舗の棚、通販やチラシ、そしてホームページの記事。無意識にどこを見ているのか。どこが一番目に入りやすいのか。心理学の「位置と心の関係」をマーケティングに応用すると・・・

位置と心の関係 2目の高さというものは、大きく心に影響を与え、行動を動かしてしまいます。目の位置により、どのように感じているのか、心理学の「位置と心の関係」を要約すると・・・

自己の所有領域対面的に抵抗する領域というものがあります。その領域より外に対しては、抵抗する心が働きますが、その領域の中に自然と入られると抵抗する心が弱まります。そこで、接客するときは・・・

色彩を応用した手法ミツバチや鳥が花に寄ってくるのは、花の発する色の信号に誘われた本能的行動です。色から受ける心理(例えば紫という色、感情値では最も低く、落ち着きを感じます。では、遠近値では)を知ることで・・・

Site Map | © 2006 S.S.Planning