マーケティングの技法

マーケティングの技法1 マーケティングの技法2 マーケティングの技法3 マーケティングの技法4
無料で使えるフラッシュ Flash(動画)の素材です。ご自由にお使いください。
TopにフラッシュFlashを使ったページです。フラッシュFlashの効果をご覧ください。
マーケティングの手法のページです。店舗・チラシ・ネットでのテクニックを紹介します。
私の趣味のページです。OriginalSongを是非聞いてみて下さい。
中国女優チャン・ツィイーの画像や動画(CM)ギャラリーをFlashで作っています。
19世紀を代表する英国詩人バイロンのページ。恋愛抒情詩を多数残し、娘は、エイダ・バイロン。
外部ファイル読み込みのフラッシュFlashの動画素材サンプルが無料(フリー)でダウンロードできます。
マーケティングの技法7 マーケティングの技法8

マーケティングの技法

SEO対策やネット消費者の心理・動向・導線といった店舗や通販とは違ったネット特有のマーケティング理論が確立されつつあります

ネット・マーケティングが始まりました!

ビジネスの場が、店舗、通販、ネット(ウェブ)の世界と広がり、モノが簡単に売れなくなっています。

ところで、マーケティングってご存知ですよね。
インターネット(ウェブ)・マーケティングは、どうですか?
ネット(ウェブ)自体の歴史が浅いためか、基礎を勉強するとなると文献が少ないのが現状です。
SEO対策やネット消費者の心理・動向・導線といった店舗や通販とは違ったネット(ウェブ)特有のマーケティング理論が確立されつつあります。
しかし、日本では、まだまだ米国に比べ、かなり遅れている状況にあります。
インターネット(ウェブ)でビジネス(Web制作、ソフト販売、商品販売など)を行う上で最も重要で必須なネット(ウェブ)・マーケティング理論が脚光を浴びようとしています!

「時代の流れ」が売れなくしてしまった!

 現在の消費者にとって、モノを買う環境は、従来と大きく変わっています。
 それは、情報が簡単に手に入るということです。
 以前だと、何かモノを購入しようとすると店舗へ出かけたり、通販雑誌やチラシを取り寄せたりと、比較するのも大変でした。
 しかし、インターネットの普及により、あまりにも多くの情報が簡単に入手できます。
 また、メルマガの登場で登録すると自動で受信することもできます。

 環境は、便利になりましたが、そのことが、消費者にとって「何が欲しいのか、判らなくなった」という状況も生んでいます。
 あまりにも多くの情報の氾濫は、消費者にとってのベネフィット(利益)を、見えなくさせてしまっています。
 結局、供給者(販売者)は、価格競争に走り、顕著な特徴・違いも出せず、デフレ現象は、今も続いています。
 しかし、価格競争だけでは、勝ち続けることは、できません。

スポンサードリンク

「49:51」の心理

 多くの情報。顕著な特徴も違いもない。価格のみの比較。では、消費者は、どこで購入に動くのか。買うか買わないか、それは、非常にわずかな違い「49対51」という微差で決めてしまっています。選択の決定は、心理的であり、気持ち次第なのです。

価値観の転換

 商品そのものの価値とサービス・情報という価値の違いが変化し始めています。チャネル拡大による在庫過多=モノ余り、そして価格競争=低価格化は、商品の価値を低下させる結果となっています。そして、本来は付加価値であったサービスや情報の価値が上がり、差別化となっています。即ち、商品そのものの情報では、売れなくなっており、それよりも、商品を使うことによるベネフィット(消費者利益)を明確に打ち出せるかどうか重要になっています。

 >>> ゴールデンライン

位置と心の関係 1何気なく見る店舗の棚、通販やチラシ、そしてホームページの記事。無意識にどこを見ているのか。どこが一番目に入りやすいのか。心理学の「位置と心の関係」をマーケティングに応用すると・・・

位置と心の関係 2目の高さというものは、大きく心に影響を与え、行動を動かしてしまいます。目の位置により、どのように感じているのか、心理学の「位置と心の関係」を要約すると・・・

自己の所有領域対面的に抵抗する領域というものがあります。その領域より外に対しては、抵抗する心が働きますが、その領域の中に自然と入られると抵抗する心が弱まります。そこで、接客するときは・・・

色彩を応用した手法ミツバチや鳥が花に寄ってくるのは、花の発する色の信号に誘われた本能的行動です。色から受ける心理(例えば紫という色、感情値では最も低く、落ち着きを感じます。では、遠近値では)を知ることで・・・

Site Map | © 2006 S.S.Planning