Webウェブ・マーケティング営業戦略の法則入門

Webウェブ・マーケティング営業戦略の法則入門2Webウェブ・マーケティング営業戦略の法則入門3
Webマーケティング営業戦略の法則

企業活動のマーケティング戦略に実際、活用されている理論・法則を紹介します。

  
歴史の中で生まれて来た色々なマーケティング理論・法則。現代では、企業活動のマーケティング戦略にも活用されているものが少なくありません。その中からインターネットでも使えるWeb(ウェブ)マーケティングの運用やWeb(ウェブ)マーケティングの戦略に活用できるものを紹介します。

ランチェスターの法則

ランチェスターの法則

ランチェスターの法則は、英国人ランチェスターが第一次大戦における飛行機の損害状況を調べて得た法則といわれます。現代では、企業マーケティング活動にも多くが当てはまり、勝つための経営理論としてマーケティング戦略に活用されています。>>> 詳細

パレートの法則

パレートの法則

イタリアの経済学者パレートが発見した所得分布の経験則。全体の2割程度の高額所得者が社会全体の所得の約8割を占める,という法則。現在では、ほかのさまざまな現象にも適用・分析できると考えられており、マーケティング戦略に活用されています。エクセルの関数でパレート図が作成できます。>>> 詳細

AIDMA アイドマの法則

AIDMA アイドマの法則

アメリカのローランド・ホールが提唱した消費行動の仮説です。人が物を購入する際にはAttention(注意)→Interest(興味、関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)という段階を追って進展して行くとする説です。マーケティングの教本には必ずといっていいほど出てくる法則です。 >>> 詳細

ハインリッヒの法則 (1:29:300 の法則 )

ハインリッヒの法則 (1:29:300 の法則 )

米国のハインリッヒが労働災害の発生確率の分析から導き出した法則です。保険会社の経営に役立っている法則で、それによると1件の重大災害の裏には、29件の軽災害があり、その裏には「ひやっとした」300件の体験があるということです。マーケティング・マネジネントや戦略を進める上で重要な法則です >>> 詳細

SWOT分析

SWOT分析

SWOT分析は、自社の資産や人材、ブランドなどの内部環境要因を対象とした強み(Strength)と弱み(Weakness)と、顧客、競合他社、社会環境、法規制などのの外部環境要因を対象にした機会(Opportunity)と脅威(Threat)の4つの視点(S・W・O・T)で自社を分析することで、事業のマーケティング戦略立案の策定が可能となります。 >>> 詳細

1:5 の法則 / 5:25 の法則

1:5 の法則 / 5:25 の法則

1:5の法則は、新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかるという法則です。また、5:25の法則は、顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善されるという法則です。ともに顧客を資産と考え、顧客生涯価値によるマーケティング・マネジメントの基盤となっています。 >>> 詳細

購買心理の7段階

購買心理の7段階

人は、どのようにして『モノ』を買うのか?その時の心理状態は購買心理の7段階と呼ばれ @ 注意 ⇒ A 興味 ⇒ B 連想 ⇒ C 欲望 ⇒ D 比較 ⇒ E 確信 ⇒ F 決断 という7つの段階を踏んで購買を決断すると云われています。この購買心理の7段階は、広告マーケティングでは必須のものであり、ウェブの世界でも同様に、特にタイトルを作る際には、重要なアプローチの法則です。 >>> 詳細

PASONAの法則

PASONAの法則

文を使ってモノやサービスを売る際において、非常に効果的な文章の書き方の法則です。 この法則には5つの要素があり、その頭文字をとってPASONAと名づけられています。 このコンセプトは基本的に以前からあるものですが、これをより効果的でわかりやすいという形に進化させたのが著名な経営コンサルタントの神田昌典氏です。 >>> 詳細

ザイオンスの熟知性の法則

ザイオンスの熟知性の法則

アメリカの心理学者ザイオンスは大学生を対象にある実験を行いました。
顔写真を目にする回数と、その顔写真の本人に対する感情を調べた実験です。
そして、その実験からは目にする回数が多いほど、好意を持つという傾向が導き出されています。
実験者の名前から、こうした単純な接触が感情に影響を与えることを、「ザイオンス効果」とか「ザイオンスの熟知性の法則」などと呼ばれることもあります。 >>> 詳細

ツアイガルニック効果

ツアイガルニック効果

問題が完全に解決されてし まうと、その問題については忘れてしまうが、中断されたり、答えがなかなか 与えられないとそれが深く記憶に残るという効果です。
ツアイガルニック(Zeigarnik)という人が見つけたので、こんな名前がついてます。 >>> 詳細

VAKOGモデル

VAKOGモデル

バンドラーとグリンダーは、心理療法に訪れたクライエントがカウンセリングの過程でよくなって行く時に行う思考のプロセスを観察し、このシステムを発見しました。
それは、人は、視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、触覚(Kinesthetic)、嗅覚(Olfactory)、味覚(Gustatory)の5つの感覚で物事を認知し、想像し、表現しているということです。
なので、人に何かを伝えるには、この5つの感覚を使う表現が含まれるのが理想です。
この感覚を使った表現は、それぞれの英語での頭文字をとって、VAKOGモデルなどと言われたり、触覚、嗅覚、味覚の3つの感覚をすべて身体感覚(Kinesthetic)におきかえて、VAKモデルと言われることもあります。 >>> 詳細

ランチェスターの法則4

ランチェスターの法則

ランチェスターの法則とは、もともと軍事戦略における兵力数と損害量の割合を計量的に分析した結果、導き出された法則です。

故に、その基礎になっている思想は軍事という状況の中で展開されてきました。ランチェスターの法則は、戦闘の科学であり、敵にいかに多くの損害を与えることができるかという、計量的なモデルとして展開された法則です。

ランチェスターの法則は、第二次世界大戦のオペレーションズ・リサーチの一つとして使われたという背景がありますが、戦後、企業(外国)が、どのようにランチェスターの戦略を使ってきたかについては、企業秘密に属しているものが非常に多くあります。

ランチェスターの法則・戦略をマーケティングに適用するにあたっては、かなりの独創性が必要であり、緻密な研究とデータが必要になります。また、企業間の競争において、ランチェスターの法則をマーケティングに用いるということは、即ち、占拠率の競争ということであり、その意味で、ランチェスターの法則は占拠率の科学でもあると云われています。

● ランチェスターの法則 >>>


Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.